80年代のヒット曲を紹介していきます

Always Something There to Remind Me / Naked Eyes (1983)

0 件のコメント
Like Omigod! Disc4-10. "Always Something There to Remind Me" by Naked Eyes
from the album "Naked Eyes"

好きでした、この曲。このユニットのメンバー、ピート・バーンとロブ・フィッシャーはネイキッド・アイズ結成前にはティアーズ・フォー・フィアーズのメンバーとNeonというバンドを組んでいたとか。TFFと同じように2人のユニットでデビューして、バート・バカラックの作品であるこの曲をカバーして全米8位のヒット。続いてシングル・カットされた"Promises, Promises"もすごく良い曲で、80年代を回顧するなら絶対に外しちゃいけないなと思っている。みんな結構忘れているんだよね、俺の周りは(もしくは最初から知らないのかも)。

ネイキッド・アイズはアルバム2枚で解散しちゃって、ロブ・フィッシャーは後にクライミー・フィッシャーで活動するもやはりアルバム2枚で解散、そして39歳の若さで癌でなくなっちゃったんだよね。ピート・バーンは2006年から再びネイキッド・アイズ名義で活動しているらしい。ところでこの曲の邦題は「僕はこんなに」でしたね。

0 件のコメント :

コメントを投稿

Labels